お風呂で脚のコンディションをチェック

バスタイムは1日の中でじっくりと脚に触れる機会をくれる時間です。筋肉の張っている場所、痛みのある部分など脚のコンディションをチェックできる絶好のポイント!

そしてお風呂タイムで毎日、脚のコンディションをチェックしていると小さい脚の変化に気づくことができます。

例えば「ふくらはぎがいつもより張っている」「足首が足の甲がむくんでいる」「太ももに脂肪がついた」など以前と現在の違いがわかってきます。

この変化がわかってくると原因との結びつきを考えることができます。ふくらはぎがいつもより太いと感じていたら「今日は運動をせず、座り仕事が中心だったからかも…」といった具合になぜ自分の脚が昨日と違うのか…といった部分がわかります。

このように変化に気付いて原因と紐付けできるようになると脚痩せへの意欲、対策もコントロールができます。ぜひ、毎日入るお風呂タイムの時間は自分の脚と向き合ってみましょう。

お風呂タイムにおすすめの脚痩せ術

バスタイムは脚痩せできる絶好の時間帯。シャワーではなく湯船につかると尚良です。脚やせの極意はお風呂にありでも脚痩せのために最適な入浴方法を紹介しています。

より脚痩せを促進させるためにバスタイムでできる簡単なエステ級のケアを取り入れることで溜まった血液、リンパ液、老廃物を流してセルライト、むくみの出来ない脚を作ることもできます。

湯船につかった状態で太もものリンパマッサージ

湯船につかり体が温まってきたら膝の裏から脚の付け根にかけて余分な老廃物を流すイメージで太もも全体をマッサージします。太ももの前後、左右を念入りにもみほぐすことでリンパも流し、溜まった老廃物も流れ、分解できます。特にセルライトが気になる方は毎日行うことでセルライト解消に役立ちます。

足裏のツボをもみほぐす

足裏には内臓、器官等に効くツボが集まっています。足裏をもみほぐして痛みが感じることがあるような場合は体の不調のサインでもあります。巡りを良くするだけでなく体の不調を感じることができる部分です。毎日のバスタイムは太もものリンパマッサージと一緒に足裏も攻めていきましょう。

足首をまわして血液環境を良くする

湯船につかっている状態で普段は動かすことの少ない足首もグルグルと回しましょう。関節をほぐすことで血液、リンパ液の流れが良くなってきます。同時に足首が硬い人は月経痛、婦人科系の病気が起こりやすいと言う専門家もいます。足首の運動にもなり翌日のウォーキングも快適になります。

むくみ取りサプリ.net ≫  お風呂で簡単!自宅で脚エステを実現

↑ ページの上部へ