むくみ症状はその日に解消させる

立ち仕事、座り仕事が1日の大半を占める女性は夕方になると脚がパンパン、痛い…靴がきつい…といった経験があるのではないでしょうか。私もあります。

むくみと呼ばれる症状ですが脚の筋肉を使わないことが原因が起こっています。

むくみは血液、リンパ液の流れが悪くなり、体内の老廃物が脂肪やその周りに溜まっている状態です。通常であれば心臓から送り出された血液というのは静脈を通って再び心臓に戻ってきます。

しかし、筋肉を動かしていないと血液、リンパの流れが悪くなります。静脈を通って心臓に戻る回収作業も弱くなります。特に下半身は下から上に押し上げるポンプの役割があります。しかし筋肉が弱っているとポンプとしての働きが悪く余分な水分、老廃物が下半身に溜まります。やがて、むくみ症状として表面化されてきます。

むくみで脚は太くなる

最初はむくみと言うと簡単に考えがちですが放っておくと蓄積されてきます。水分代謝がどんどん悪くなり脚が太くなります。いわゆる水太りなどむくみが原因です。

そして、むくみは冷えを併発します。ひどい場合は便秘、腰痛、頭痛、肩こりなど不快症状が起こる可能性もあります。脚の疲れ、ダルさもむくみから起こるケースは多々あります。できるだけ、むくみが定着しない内に早く解消することが求められます。

むくみはセルライトの原因

太ももの裏側、お尻の周辺にボコボコとしたものができている場合はセルライトです。実はセルライトが表面化されるまでは時間がかかります。そのため現在は大丈夫でも皮膚の下では着々とセルライトが進行中の方は多いです。

セルライトは脂肪細胞が肥大化して老廃物、水分を蓄えた塊です。本来は脂肪が多い人にできやすい症状ですが体脂肪が平均的でも冷え、むくみ、代謝が悪いとセルライトができやすいです。

むくみはセルライトができる前のサインと言う専門家もいます。セルライトは一度表面化されてしまうと治すのが大変です。ですから、むくみを感じたらできるだけ早く解消をしましょう。

基本は食事、運動でバランス良い栄養、筋肉を動かすといったことで予防ができます。しかし、時間がなく仕事も忙しい方は余分な水分排出をしてくれる成分を積極的に摂取して、むくみ予防を心がけましょう。むくみ解消サプリメントは手軽、コスパもよく予防のサポートができます。

むくみ取りサプリ.net ≫  むくみはすぐに解消させることが大切

↑ ページの上部へ